ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月25日

ボバディジャを擁護するヴァインツィール監督

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2016-01-26 9.18.03


 51分にラウル・ボバディジャがビッグチャンスを逃したこともあり、「この試合は勝利を収めなくてはならなかった」と振り返ったマルクス・ヴァインツィール監督。


しかし「100%決められるなら、うちでプレーしていないさ」とも擁護し、「いい取り組みを見せていたよ」とも語った。


ただ前回のヘルタとの対戦では、ハーフタイムの前に退場処分を受けたボバディジャにとっては、悪夢の再来ともいえるだろう。


今季はELで6得点と活躍を見せている反面、わずか3得点となっているリーグ戦でもボバディジャの奮起に期待したいところだ。