ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月12日

ヴァインツィール監督、来季の行方は?

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FC Ingolstadt v FC Augsburg - Bundesliga


残留争いの中にあるアウグスブルクは、週末には王者バイエルン戦が控えているところだが、現在注目されているのはむしろ、マルクス・ヴァインツィール監督の去就だ。


アウグスブルクとの契約を2019年まで残す同氏だが、昨夏にはシャルケやライプツィヒからのオファーが伝えられ、さらにグラードバッハでファヴレ監督辞任後に候補として名前も挙がった。


2012年にアウグスブルクの監督へと就任して1部残留を果たしたヴァインツィール監督は、翌シーズンにはトップ10入りとなる8位。さらに昨シーズンはクラブ史上初となる欧州リーグ出場へと導いている(5位)。


このようなキャリアを経て、次のステップに踏み出すことは理解できるものだといえるだろう


ヴァインツィール監督は「バイエルン戦とリヴァプール戦。ほかのことを考えられないような興味深いタスクが待っている」とコメント。だがこの発言は、シーズン終了後の移籍の噂を消すものではない。