ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月25日

「小さなアウグスブルクがリヴァプールへ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1456395327

試合前コメント

監督:マルクス・ヴァインツィール
この小さなアウグスブルクが、劇的な結果を手にするためにリヴァプールへと向かうんだ。誰でもワクワクすることだろう。先発メンバー等に関しては、木曜日に判断する。リスクをおかすようなことはせず、むしろ理にかなった形で、責任をもって選手を送り出したい。もちろん勝利を目指してね。チは初熱と寒気を抱えて参加していないが、プレーできるものは全員、リヴァプールへときているよ。選手たちにとっては、クリスマスやイースターを迎えるような気分だろう。これ以上のモチベーションなんて必要ないね。リヴァプールは早々に得点して決めてしまおうとするだろう。我々としてはこのままドローでも構わない。PKならイングランドよりもドイツに分があるよ。


MF:トビアス・ヴェルナー
ここにいるのはいい気分だ。人生の中で1度はプレーを夢見るスタジアムだよ。カンプ・ノウ、ベルナベウ、サン・シーロ、それ以外にもいくつかそういうスタジアムはあるだろうけど、アンフィールド・ロードもその中の1つさ。アウグスブルク全ての関係者が楽しんでいる。エネルギー溢れるプレーをみせることになるだろう。勝ち進むことを信じている。リヴァプールはとてもクオリティのあるクラブだけど、でも絶対に勝てない相手というわけでもないさ。どうプレーできるか。それは僕たち次第だよ。もちろんちょっと前までは、リヴァプールで試合をするなんて想像もできなかった。でも僕たちはこれをプレゼントされたわけではない。努力して掴み取った結果なんだよ。


主将:パウル・フェルハーフ
重要なのは怖気付かないこと。そしてうまく対抗するということだ。もしもチャンスをつかむ時が来たら、それをどうしても活かさなくてはならない。


マネージャー:シュテファン・ロイター
リスペクトしているが、しかし自信ももって戦うよ。離脱者も出ているが、今のところはうまく対処できているよ。こういう試合では、誰かヒーローが誕生してもらわないといけないね。


GK:マルヴィン・ヒッツ
(水曜は第2子誕生の予定日だが)もうみんなから文句を言われてきたよ。今回の遠征はたくさんの気持ちがつまった遠征だ。本当に特別なものだよ。




先発予想

リヴァプール

ミニョレ – クライン, コロ・トゥーレ, サコ, アルベルト・モレノ – ジャン, J. ヘンダーソン – ミルナー, コウチーニョ – ロベルト・フィルミノ – スタリッジ

アウグスブルク

ヒッツ – フェルハーフ, ヤンカー, クラヴァン, スタフィリディス – ク, コール – エスヴァイン, アルティンオトップ, ヴェルナー – カイウビー

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報