Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月12日

ヴァインツィール監督、ダルムシュタットを賞賛

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

weinzierl8-1457707974

残留に向けた重要な一戦15位ダルムシュタット戦に臨む、14位アウグスブルク。マネージャーのロイター氏は「勝ち点を稼がなくてはならない」と意気込みを見せた。


なおヴァインツィール監督によれば、守護神マルヴィン・ヒッツをはじめ、ラグナー・クラヴァン、アルフレッド・フィンボガソンの3選手は「明らかにプレーできる状態ではない」とのこと。「万全の状態になければ起用しない」との考えを示している。


またヴァインツィール監督は、相手のダルムシュタットについて「常に110%の力を発揮している。賛辞を送らなければならない。残留を果たせる可能性はある」と賞賛。


「事実として、我々には少し問題があるが、対処の仕方は心得ている。全力を尽くすよ」と述べた。


その一方で、この試合に特別な気持ちで臨んでいる選手がいる。前節のレバークーゼン戦で1ヶ月ぶりに復帰を果たした、ダニエル・バイアーだ。「父があそこで選手としても、コーチとしても働いていた。兄弟もそこでプレーしていたよ」と語ったベテランMFは、「はじめてあそこでプレーするんだよ」と対戦を心待ちにしている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker