Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月13日

エスヴァイン今季絶望か、コールはマスクを装着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Werder Bremen - FC Augsburg

前節で負傷により途中交代を余儀なくされていたアレクサンダー・エスヴァインだが、同選手は既報どおり検査の結果、大腿筋の筋束を断裂していたことが判明。残りのシーズンを全休する恐れも出てきた。


その一方で、前節の最終調整で鼻骨を骨折し欠場したドミニク・コールについては、火曜日に保護マスクを装着して練習場に姿を見せており、順調にいけば週末のシュトゥットガルト戦で出場することはできるだろう。


なお筋損傷を抱える主将パウル・フェルハーフは個人練習にとどまっており、週末に間に合うかはまだ未定だ。


さらに筋肉に問題を抱える4選手のうち、チとモラヴェクは部分的にチーム練習に参加。スタフィリディスはランニングをこなし、トロホフスキは姿をみせなかった。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker