Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月09日

ヴァインツィール監督の後任にシュスター監督?

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

schuster800-1462278014

今節対戦したシャルケのアンドレ・ブライテンライター監督の後任として名前が浮上しているマルクス・ヴァインツィール監督。


アウグスブルクでマネージャーを務めるシュテファン・ロイター氏は、同監督の残留の可能性について「100%だ」と答えているが、しかしその一方で後任人事にも着手している模様で、kickerが得た情報によればアウグスブルクは、昇格組ながらダルムシュタットを1部残留へ導いた、ダーク・シュスター監督の招聘を考えているようだ。


そのシュスター監督は日曜に、「監督業というものはプランを立てにくいものだ。どちらの方向にも短期間で向かってしまう可能性がある。今は残留の余韻にひたらせてくれ」と述べている。


バイアー「これ以上のことはそうない」


試合終了間際の後半89分に、ミドルシュートをゴール隅に決めてブンデス1部残留を手繰り寄せたダニエル・バイアー。ブンデス1部ではアウグスブルクで最多出場記録を持つベテランMFのゴールは、アウグスブルクにとってブンデス1部200得点目のメモリアルともあり、ヴァインツィール監督は「今シーズンらしいね」と喜びを見せている。


アウグスブルクで161試合に出場しているバイアーは、これで4得点目ということになったが「ようやく正しい所へいった。結構得点までに時間がかかってしまったね」とコメント。あくまでボランチの優先事項は得点ではないものの、今回の得点に大きな喜びをみせている。「これ以上のことなんてそうはないさ」


さらにアウグスブルクは、フンテラールに得点を決められるまで、ブンデス399分間のブンデス1部無失点のクラブの最長記録を更新。なおこれまでの最長記録は前半戦の同時期で、361分だった。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker