ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月02日

アウグスブルク、ダルムシュタットのシュスター監督獲得間近。

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

kickerが得た情報によれば、ダルムシュタットのダーク・シュスター監督のアウグスブルク移籍が間近にせまっている。すでにアウグスブルクとシュスター監督との間では合意に達しており、クラブ間での交渉もまもなく終わりを迎えることになりそうだ。


ただしダルムシュタットととの契約を2018年まで残していることから、アウグスブルクは移籍金を支払うことになる。


アウグスブルクでは既に、ヴァインツィール監督がシャルケに移籍することが確定的となっており、マネージャーのハイデル氏は「まだサインが残っている」と明かした。


2012年12月に、ブンデス3部の降格圏内にいたダルムシュタットを受け継いだシュスター監督は、そのシーズンに残留へと導くと、翌年、さらにその翌年でも昇格を果たして一気にブンデス1部へと駈け上がり、限られた環境の中にあって見事残留を確定させた。


なお後任としては、ダルムシュタットは今季途中からシュトゥットガルトの監督を務めたユルゲン・クラムニー氏とコンタクトをとっており、一方で移籍を希望しているザントハウゼンのシュヴァルツ監督とはコンタクトをとっていない模様。ビーレフェルトのマイアー監督とも交渉は行われていないようだが、もう一人候補となっているフュルトのルーテンベック監督については、限られた環境で結果を残した点でチームにマッチしているといえるかもしれない。