ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月03日

シャルケ移籍のヴァインツィール監督の後任にシュスター氏

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dirk SCHUSTER wird neuer Trainer beim FC Augsburg

ヴァインツィール時代に終わりを告げ、これからアウグスブルクはシュスター時代の幕開けを迎えることとなった。2019年までの契約を結んだアウグスブルクでマネージャーを務めるロイター氏は「アウグスブルクのサッカー哲学に非常にマッチしたダーク・シュスター氏を招聘することができ、非常に嬉しくおもっている。彼とともにこれからも、ブンデス1部で飛躍を続けていきたい」と喜びのコメント、それと同時にヴァインツィール監督のシャルケ移籍も認めた。


一方のシュスター監督は「決して忘れることのできない素晴らしい時間の後で、これから迎えるアウグスブルクでの新しいチャレンジを楽しみにしている」と述べている。


なおダルムシュタットとの契約は2018年まで残されていたため、招聘には移籍金を支払う必要があり、今回は100〜150万ユーロを要する模様だ。


2012年12月に、当時3部で降格圏内に沈んでいたダルムシュタットを受け継いだシュスター監督は、その年に残留を決めると、2シーズン続けて昇格を果たし、ブンデス1部として迎えた今季は限られた状況の中で残留へと導くことに成功した。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報