Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月02日

アピールのチャンスが巡ってきたヤンカー

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

janker8-1470055782

シーズンに向けて精力的にトレーニングに勤しんでいるアウグスブルク。その中には今季での飛躍を期す、31歳のクリストフ・ヤンカーの姿もある。今夏にアウグスブルクではクラヴァンとホンが移籍、さらにカルセン=ブラッカーと新戦力のフリードリヒも負傷していることから、ヤンカーにとってはアピールのチャンスが巡って行きているところだ。


それでもヤンカーは「カチャルやハウレーウゥ、リーダーらもいるよ」とコメント、現在が有利かどうかには「思いをめぐらせるようなことはない。とにかくポカールまで力を発揮していきたいよ」と語った。DFならばいずれのポジションでもプレー可能な同選手は、シュスター新監督を迎えた影響については「細かい部分だけ。ビルドアップという点ではそう大差はないね」とあまり違いはないとの見方を示しており、昨季はセットプレーが課題となったが、シュスター監督はダルムシュタット時代にまさにこれを得意とし「ここ2週間は攻守のセットプレーについて取組んでいるよ」とコメント。ここまでの準備期間については「明確なプランをもって取組めている」と語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker