ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月09日

選手たちの姿勢に満足感を示すシュスター監督

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

schuster_800-1470753399

最初の金メダルがアルゼンチンに渡ったことによって、アルゼンチン人FWのラウル・ボバディジャが、水たまりのできたピッチにダイブ。さらにギリシャ人のスタフィリディスとゲリオスの二人がこれに続いた。


また雨天のためシュスター監督は、ダルムシュタットで好んで採用していた最初は手と頭、そのあとは頭だけでプレーするゲームを行い、土曜にはピッチが再び乾いたことから再びトレーニングを行っている。なおカチャルは背中の問題のためにホテヅで休養し、フォイルナーは今週は個人練習しているところだ。





schust8-1470520778…練習について
フォーメーションがとても重要だ。ミニゲームはブンデスでは決して珍しいことではないよ。楽しみもサッカー選手には大切なのでね。ただ真剣に取り組み、戦う気持ちを高く持ち続けるということ。それによって練習のクオリティは確かなものとなるし、この10日間はとても集中的に取り組めている。多くの戦術的な部分に着手することができたよ。またミニゲームで負けたチームは掃除をする義務があるんだ。ゴールやボールなどもね。この時期では個人練習を行わないことは普通のことさ。

…ピッチでの指示について
ここに就任してからすぐに、比較的静かなチームだという印象を受けた。そこまで明確に指示が飛んでいなかったし、そこは改善していかないとね。それをこの数日間に選手たちに言って聞かせているところさ。年齢に関係なく。ただ見ている分にはいい形でこれていると思う。

…タフさについて
サッカーは接触プレーがあり、多くの対人戦が組まれ、我々としてはアグレッシブに、しかし危険なプレーは避けて臨んでいきたいと思っている。そのあたりは選手たちは見せているし、もしもトライアスロンをやれというなら選手たちはそれを厭わないと思うよ。全力を出し尽くすという気持ちをもつことは、シーズンの戦いで必要なことさ。

260x195_4GGDx5RQQu…ボバディジャの移籍の噂について
我々の構想の中で、とても重要な位置を彼はしめているよ。誰でもいろいろ思うところはあるとは思うがね、しかし我々としてはこれ以上の入れ替えは行いたくはないし、だから我々には受け入れることとリスペクトが必要なんだよ。

…土曜の夜について
みんなでホテルで食事をして、選手たちにはあとは自由にさせている。チェックとかされている気分を忘れるようにね。彼らには十分に自己責任があるし、だからお休み前のお酒も許しているのさ。そして誰も次の日に遅れてくるようなことは全く見せていないよ。

…DFの模索について

難しいね。クオリティ的に下げたくはないと思っているし、その一方でクラヴァンとホンのクオリティをみれば、正しい選択をするのはなかなか難しいものだよ。目標としては即戦力ということとなるが、しかしその一方で伸びしろをもった選手の獲得を目指すことにもなるさ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報