Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月11日

アウグスブルク、「背番号13」の売り上げを寄付

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

werner_800-1470841345

2008年からチームに在籍し、今夏に2部シュトゥットガルトへと移籍した最古参トビアス・ヴェルナーだが、今シーズンも同選手がつけていた背番号13がそのまま保持され、そのユニフォームの売り上げが寄付されることが明らかとなった。


ヴェルナーは移籍をファンに伝える際に、昨年秋に交通事故で重傷を負ったファンのジモンに対しても激励のコメント。


そしてファンからの提案によりアウグスブルクは、ヴェルナーのユニフォームの売り上げを、そのジモンの治療費として寄付するという。


ヴェルナーは「アウグスブルクのファンが、そういう行動を起こすことを誇りに思うよ。これで全てのアウグスブルクのファンが、ジモンをサポートする方法を手にした。困難な状況に陥っても、アウグスブルクファミリーは団結して乗り越えられる。その1つの証明だと思うね」と語っている。


ただそのヴェルナー自身も、先日死産という不幸に見舞われており、シュトゥットガルトのルフカイ監督は金曜日の同選手の出場について、木曜日に判断を下す考えを示した。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker