ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月21日

5部相手に辛勝、課題を残したアウグスブルク

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FV Ravensburg v FC Augsburg - DFB Cup

勝利をという責務こそ全うしたアウグスブルクだが、5部ラヴェンスブルクを相手に精彩を欠いたプレーを露呈する結果に。シュスター監督は「自ら首を絞めたところがあった」と振り返り、「もっと簡単にできただろうし、序盤で優位性を明確に示せたはずだ」との見方を示した。


特にチャンスをうまく活かしきれない場面が目についており、シュスター監督は「練習でこれからも取り組んでいかないと。距離のあるシュートも1つのオプションになれる」とコメント。逆にカイウビーのPKとなるファウルが見逃されるなど、ツキも味方して勝利を収めている。


来週土曜に控えた開幕戦ヴォルフスブルク戦までに、アウグスブルクはまだ課題が残される結果となってしまった。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報