Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月01日

アウグスブルク、ヒンターエッガー獲得へ

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1472661421

アウグスブルクは左側に配置するCBの補強を模索していたが、移籍期日最終日に駆け込みで成功した。これまで伝えられていた通り、マルティン・ヒンターエッガーがザルツブルクより、アウグスブルクへと移籍する。契約期間は2018年までで、さらに延長のオプション付き。


オーストリア代表として17試合に出場している23歳は、昨季の後半戦にはボルシア・メンヒェングラードバッハへとレンタル移籍。そこでは当時主将のマルティン・シュトランツルが長期離脱にあり加入から出場機会を得ていたものの、しかし徐々に出場機会は減少し、最後の6試合では欠場。結局は買い取りオプションは行使されず、ザルツブルクへ復帰していた。そしてチャンピオンズリーグプレーオフで、ザルツブルクのCLの夢が破れたことも、1つの要因にはなっただろう。

TRAINING DES ÖFB-TEAMS VOR WM-QUALIFIKATIONSSPIEL GEGEN GEORGIEN:なお姉妹クラブであるライプツィヒからのオファーには断りをいれており、「3週間経ったら、考えが変わるかもしれないと言っていた。そのときにはちゃんとはなしてくれるさ」とラングニックSDは語っていたのだが、今月おわりには対戦相手として、ライプツィヒと対面することになる。

同選手は「移籍がうまくいって嬉しい。とにかくまたブンデスでプレーしたかったし、アウグスブルクは完璧な場所だと思う」と喜びをみせ、「最近数年間は素晴らしい戦いを見せているし、目標達成のための助けとなりたいね」とコメント。マネージャーのロイター氏は「CBの補強に向け希望していた選手なんだ。簡単ではなかったが、我慢が実を結んでよかったよ。これで補強は終わりだ。全てのポジションで2選手ずつ配置できたね」と述べた。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker