ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月15日

カイウビーが年内離脱、代役候補に宇佐美ら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

caiuby8-1473855482
アウグスブルクは年内いっぱいまで、カイウビーを欠いてシーズンを戦うことになった。

28歳のブラジル人MFは、水曜日の練習に姿をみせておらず、シュスター監督は「膝に問題を抱えている」ことを明かしていたのだが、その後に軟骨を損傷したことが判明。既に手術を受けており、最低でも年内までは離脱を余儀なくされる。

2014年に当時2部インゴルシュタットよりアウグスブルクへと加入した同選手は、それまで左サイドで定位置を確保していたトビアス・ヴェルナーの負傷などもあって出場機会を得ると、昨季26試合のうち25試合で先発を果たしほぼフル出場。(4得点6アシスト)

そして今年はそのヴェルナーがチームを去って、ここまでは公式戦3試合すべてでフル出場を続けていた。

代役候補は左サイドで定位置を争う宇佐美貴はじめ新加入のシュミットや、そのほかポジションをスライドさせることも考えられるだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報