Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月15日

カイウビーの代役は、宇佐美?シュミット?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jonathan Schmid FC Augsburg 11 blickt zur¸ck FC Augsburg Training Saison 2016 2017 30 08 201
ここまで前節のブレーメン戦で先発出場したヒンターエッガーを除き、新加入選手で先発出場した選手はまだいないアウグスブルク。

しかし昨日にここまでフル出場を続けていたカイウビーが、膝の軟骨の損傷により年内復帰は絶望的となっており、今夏加入の二人の選手にとっては出場機会を得る機会がめぐってきている。

そしてその左ウィングの選手として今夏、アウグスブルクが獲得した選手が宇佐美貴史だ。ドリブルを得意とする日本代表は、移籍金150万ユーロでガンバ大阪からブンデス復帰を果たし、ここまでブンデス開幕戦で途中から出場している。

さらにオプションとして考えられるのが、移籍金530万ユーロでホッフェンハイムより加入したヨナタン・シュミット。セットプレーなどを得意とするフランス人の攻撃的MFは、フライブルク時代も含めてブンデス1部141試合に出場し24得点をマーク、前節ではベンチ入りを果たしてはいたものの、出場は見送られた。

またここまで3試合で、いずれも途中投入の最初のオプションとして起用されている韓国代表FWチ・ドンウォンもプレーは可能であり、オプションの1つとして考えられるだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker