Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月05日

代表から外れた宇佐美貴史。アウグスブルクで出場機会を得られていない理由とは

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FC Augsburg - Team Presentation
今夏にアウグスブルクに加入するも、ここまでリーグ戦わずかに9分間の出場。メンバー入りもままならない宇佐美貴史は、日本代表のハリルホジッチ監督からオマーン、そしてサウジアラビア戦に向けた代表メンバーの招集を見送られることとなった。

獲得時には、シュスター監督やマネージャーのロイター氏は、宇佐美がもつそのテクニック、得点力、テンポ等を評価。

ガンバ大阪では主力としてタイトル獲得を貢献し、満をじしての2度目のブンデス挑戦を決断したのだが、しかし負傷者が相次ぐ状況にも関わらず、宇佐美は出場の機会を得られない日々が続いている。

地元紙アウグスブルガー・アルゲマイネによると、数週間前にロイター氏は、宇佐美のフィジカルの不足を指摘。さらなる改善の必要性を訴えており、またダーク・シュスター監督にとっては、宇佐美貴史が負傷していた間に他の選手が好パフォーマンスを見せていたことから、宇佐美をあまり起用できずにいると伝えた。

シュスター監督といえば、財力に乏しいダルムシュタットを、強固なディフェンスを武器に3部から1部へと導き、その手腕が評価されて、今季シャルケに去ったヴァインツィール監督の後継として招聘された監督だ。

一方で日本人のウィンガーといえば、先日ホッフェンハイムの最年少監督ユリアン・ナーゲルスマン氏から、「最もブンデスで目立っている選手の一人」と評された原口元気は先日、ブンデスのウィングの守備の比重は高く、またフィジカル面での改善が好調の理由の1つであると説明している。

さらに、ブンデスとJリーグとのスタイルは「別物」とも表現しており、原口はむしろその守備力を活かして出場機会の確保に成功、その後の成長へと繋がった。

原口が歩んだ道と同様に宇佐美もまた、そのクオリティを発揮する舞台を得るため、まずはブンデスのスタイルに対応して指揮官の要求に応え、出場機会の確保し、更なる進化を遂げていきたい。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker