Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月18日

ボバディジャとフィンボガソンが年内欠場、韓国代表2人も負傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1479390186
木曜日にアウグスブルクが伝えたところによれば、ラウル・ボバディジャが練習中にふくらはぎの腱を損傷したとのことで、内転筋の問題が恥骨炎へと発展したアルフレッド・フィンボガソンとともに、年内は全休する見込みであることを伝えた。

さらに代表戦に参加していた韓国代表MFク・ジャチョルがふくらはぎの筋肉を損傷、チ・ドンウォンも筋肉に問題をかかえており、シュスター監督は「ほとんどのオフェンスの選手が負傷を抱えるという困難な状況だ」と頭を抱えている。

アウグスブルクではさらにカルセン=ブラッカー(くるぶし)、カイウビー(膝)、ハウウェーレウ(肺)が離脱中だ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker