Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月24日

航空会社のストライキ回避を願うアウグスブルク

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

fca8-1479998293
ルフトハンザのパイロットによるストライキへの不安がある中、ケルンでのアウェイ戦が控えているアウグスブルク。

今のところはまだキャンセルは出ていないものの、いざというときに備えてプランBを用意する必要はあるだろう。

また同じく対応を追われることになるのが選手のやりくりだ。

今季は相次ぐ主力の負傷に泣かされているシュスター監督だが、特にオフェンスではカイウビー、ボバディジャ、フィンボガソンの主力3選手が年内離脱。

その一方で韓国代表でふくらはぎを負傷していたクについては、2週間の離脱ですむ可能性も指摘されている。

そんな状況にあっても、指揮官は「前節のヘルタ戦でこういう状況でも乗り越えられるところを示した」と語り、今季好調のケルンが相手だが「ケルン戦でもそれができる」と自信をのぞかせた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker