Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月29日

宇佐美貴史の進化に目を細めるアウグスブルク

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gettyimages-584178728-768x576
今夏にガンバ大阪からアウグスブルクに加入し、2度目のブンデス挑戦を決断した宇佐美貴史。

その後のキャンプではサイドラインで、積極的にタックルを仕掛け相手を止めるなど新たな一面をみせ、シュスター監督に「この部分を改善していこう、求められていることを実践しようという意欲が見て取れる。いい形でこれているね」と評価を受けていたのだが、それと同時に「日本からやってきて、そのままキャンプのすべてをこなしている。ほとんど回復にあてるような時間もない」ともコメント。

その不安は的中する形となり、開幕戦で終盤に9分間出場したのちには、オフェンス陣に負傷者が相次ぐも調子を落とし腱の負傷も合間ってなかなか出場機会が得られない日々が続いた。

その影響から代表戦を2度参加を見合わせ、宇佐美はクラブで準備を行うことを決断したのだが、大衆紙ビルト紙は”どうやらそれが功を奏したようだ”との見方を示し、週末のケルン戦で見せた12分間のプレーについて”存在感を見せ、アウグスブルクのオフェンスを活性化させた”と掲載。

試合後、宇佐美自身も日本のジャーナリストに対して「準備は完璧にできているつもりですし、練習もすごくよくできている」と語った。

一方で2週間前に「今は明らかに上昇傾向にある。チャンスは必ず巡ってくるよ」と予告していたマネージャーのシュテファン・ロイター氏は、「時には少し時間を要する選手もいる。彼のクオリティには100%の確信を持っている」と評価。

2週間前の時点でシュスター監督は「対人戦や守備の面で、まだフィジカル的に不足しているところがある」との見方を示してたのだが、ビルト紙に対してロイター氏は「プレーに関しては本当にいいものがあるし、実際にそれを証明しているよ。それにいくつかの対人戦でしっかりと持ちこたえていたしね」と宇佐美が見せる成長にも目を細めている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker