ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月13日

ヒンターエッガー「とにかく頑張らないと」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hinteregger8-1491996796
監督交代もここまでは実を結ばず、入れ替え戦となる16位につけているアウグスブルク。さらに自動降格圏内となる17位までは、わずか勝ち点差1と苦しい状況にあるなか、先日はクラブ首脳陣による監督更迭の話し合いも行われた。

ただし最終的にはバウム監督支持という形で決着をみており、アウグスブルクはシーズン終了までこのまま戦い続けていくことになる。

守備の要マルティン・ヒンターエッガーは、「今はとにかく頑張るということ。それだけだ」とコメント。頭を軽くすることの重要性についても訴え、「審判の笛がなったら、あとはサッカーにだけ集中することだ。自分たちのサッカーをしていく。僕は熱く燃えているよ」と意気込みを語った。


なおこれからラストスパートにむけ、ミニキャンプを実施するバウム監督は「自分の将来のことよりも、私はチームに集中している」とコメント。ケルンの印象については、カウンターでの攻撃に警戒心を示し、特にブンデス得点王を争うアンソニー・モデストの名前をあげている。

バウム監督就任以来、いままで一度も零封したことのアウグスブルクだが、最近2試合のケルン戦では無失点におさえていることから、この守備の流れについては継続していきたいところだ。