ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月14日

香川が同点弾アシストもドルトムントは痛恨ドロー、宇佐美は3戦連続メンバー外

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブンデスリーガ第33節が13日に行われ、日本代表FW宇佐美貴史の所属するアウクスブルクと、同代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。宇佐美は3試合連続のメンバー外。香川は2試合ぶりの先発出場でトップ下に入った。また、爆発事件で負傷したマルク・バルトラもベンチに復帰した。

 チャンピオンズリーグ本戦出場権を狙う3位ドルトムントが敵地に乗り込み、残留争い中の13位アウクスブルクと対戦。最初のチャンスはホームのアウクスブルクに訪れた。左サイドを抜け出したフィリップ・マックスがグラウンダーのクロスを入れると、ファーでアルフレズ・フィンボガソンが右足シュートを放つが、GKロマン・ビュルキの好セーブに阻まれた。

 ドルトムントは20分にアクシデント発生。ユリアン・ヴァイグルが右足首を負傷し、担架で運び出され、23分にエリック・ドゥルムが投入された。

 均衡が破れたのは28分、左サイドを抜け出したマックスがエリア手前から左足を振り抜くと、シュートはGKビュルキにセーブされる。だが、こぼれ球をフィンボガソンが押し込んで、アウクスブルクが先制に成功した。

 しかしドルトムントもすぐさま反撃に出る。32分、エリア手前中央でセカンドボールを拾った香川が右足を振り抜くと、ゴール前のピエール・エメリク・オーバメヤンがコースを変えてゴールネットを揺らした。香川の今シーズン5アシスト目から、オーバメヤンが同29ゴール目を決めて、ドルトムントが同点に追い付いた。

 後半に入ってドルトムントは61分、香川がエリア手前左からピンポイントのクロスをいれると、オーバメヤンが頭で合わせるが、相手GKに弾き出された。81分には浮き球パスを受けたエリア内右の香川が頭で折り返すと、ファーにオーバメヤンが走り込んでいたが、目前で相手GKにセーブされた。

 さらにドルトムントは83分、エリア手前左の香川が相手選手の股を抜くスルーパスを送ると、抜け出したマルコ・ロイスが右足シュートを放つが、ゴールには繋がらなかった。

 試合はこのままタイムアップを迎え、1-1で終了。ドルトムントは勝ち点「1」しか伸ばせず、4位ホッフェンハイムと勝ち点「61」で並ばれたが、得失点差で3位をキープした。なお、香川はフル出場でチャンスを演出し、今シーズン5アシスト目をマークした。

 アウクスブルクは次節、20日に敵地でホッフェンハイムと対戦。ドルトムントは同日にブレーメンをホームに迎える。

【スコア】
アウクスブルク 1-1 ドルトムント

【得点者】
1-0 28分 アルフレズ・フィンボガソン(アウクスブルク)
1-1 32分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)


きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報