ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月30日

マタヴジュがオランダ復帰。フィテッセへ

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ティム・マタヴジュがエールディビジのフィテッセへ移籍することが明らかとなった。スロヴェニア人FWは昨季、アウグスブルクから2部ニュルンベルクへとレンタル移籍しており、バウム監督の来季の構想からも外れている状況にあった。

アウグスブルクとの契約期間は2020年までとなっていたのだが、移籍金に関する情報については両クラブの取り決めにより明かされていない。なお昨季にマタヴジュは2部で5得点3アシストをマークしている。

マネージャーを務めるシュテファン・ロイター氏は、「オランダでみせたその得点力とパフォーマンスを、再びフィテッセでみせてくれることを願っているよ」とエールを送った。

アウグスブルクに加入する前にはマタヴジュは、フローニンゲンやPSVに在籍し、およそ60得点をマークするなど活躍を披露。

そしてアウグスブルク入りを果たしたのだが、負傷などの影響もあって27試合に出場して3得点に終わっており、2016年のはじめにはイタリアのジェノアへ、そして昨夏からは2部ニュルンベルクへとレンタル移籍している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報