ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月10日

オーストリア人4人在籍のアウグスブルク「偶然だよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


総勢41名の大所帯で行われている南チロルでの一次キャンプ。そこで戦術理解とともに、重点を置かれている課題の1つがチームビルディングだ。アウグスブルクではすでに5選手を獲得しており、早期にチームになれさせていく必要がある。

チームには20人のドイツ人のほか、15ヶ国からの出身者が集まっており、その外国人グループのなかで最大勢力をほこっているのがオーストリアである。ヒンターエッガー、グレゴリッチュ、タイグル、そしてダンソといったメンツだが、バウム監督はあくまで「偶然だ。クオリティで獲得している。オーストリアではユースで良い取り組みがなされているね」との考えを強調した。

一方のグレゴリッチュは、同国出身の選手が多く在籍していることに喜びを見せており、「プラスポイントではあるよね、自分たちの言葉で話せるんだ。ヒンターエッガーのことはあのなかでは一番知っているし、よく一緒にトレーニングしているよ。ダンソも知っているけど、でもタイグルはまだ見ただけといったところだね」と語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報