ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月07日

アウグスブルク、金曜にク・ジャチョルらの出場を見極め

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に迎える相手ケルン戦については、アウグスブルクは前回の戦いで良い思い出を抱いている。降格の危機に瀕するなかでのぞんだこの試合で勝利したアウグスブルクは、それからはじまったラストスパートによりに無事に1部残留を果たすことができたのだ。

そんなケルンはここまでの2試合で2連敗中と苦しいスタートとなったが、ここまで1分1敗のアウグスブルクのバウム監督は、「彼らのクオリティは理解しているし、モデストを失ったがクレバーに補強した」と分析、「彼らは本来トップ10に入るクラブだよ。そうじゃないと国際舞台になって立てない」との評価を語った。

なおこの試合では膝に問題をかかえるラファエル・フラムベルガーの出場が危ぶまれているところだが、指揮官は「いけるか様子を見てみないと。ただみた感じではあまりよく無いね」とコメント。

さらに代表戦参加中にかかとに問題を抱えた、韓国代表MFク・ジャチョルと、軽い風邪をこじらせたアルフレッド・フィンボガソンについては「明日よくなるよう期待している」と述べており、オーストリア代表で不慣れなSBで「より負荷のかかった」マルティン・ヒンターエッガー、そしてベネズエラから木曜遅くに戻ってくるセルヒオ・コルドバとともに、金曜日の練習で見極めていく考えだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報