ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月01日

香川が今季2点目、決勝点をマーク! ドルトはリーグ戦4連勝達成

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブンデスリーガ第7節が30日に行われ、アウクスブルクとドルトムントが対戦した。

 香川真司はリーグ戦2試合ぶりの先発出場を果たしている。

 4分、試合は早速動く。香川のCKからアンドリュー・ヤルモレンコの元にボールが転がる。ヒールで押し込み、先制に成功した。

 しかしアウクスブルクも負けていない。11分、左サイドでボールを持ったフィリップ・マックスが中央へクロス。カイウビーが頭で合わせて同点弾を奪った。

 24分、香川にチャンスが訪れる。ピエール・エメリク・オーバメヤンがボールを奪い、ヤルモレンコにパスを出す。ペナルティエリア内フリーで待ってた香川がヤルモレンコからパスを受けると、ループシュートを放つ。GKの手も届かずチームの2点目を決めた。


 ドルトムントが1点をリードして前半を折り返す。

 78分、ドルトムントはPKのチャンスを得る。オーバメヤンがキッカーを務めるも外してしまった。続く81分、1ゴールの香川がオマル・トプラクと途中交代。目に見える形でチームに貢献した。

 試合はこのまま終了。ドルトムントはブンデスリーガ4連勝を達成した。

【スコア】
アウクスブルク 1-2 ドルトムント

【得点者】
0-1 4分 アンドリュー・ヤルモレンコ(ドルトムント)
1-1 11分 カイウビー(アウクスブルク)
1-2 24分 香川真司(ドルトムント)


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報