ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月22日

バイエルンに完敗も、自信を強調するグレゴリッチュ

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ここまで開幕から12試合で勝ち点16をかせぎ、順位表では中盤に位置することができているアウグスブルク。開幕前には降格候補の一角に名前を挙げられていたことを思えば予想を上回る健闘をみせてはいるのだが、その一方でここののところのホーム戦では3試合でわずか1勝しかあげられていない。

それを週末に行われるヴォルフスブルク戦で変えていきたい、そうミヒャエル・グレゴリッチュは意気込みを見せている。「ホームで勝利をおさめていくこともまた、重要なことだよ」

なお前節では王者バイエルンに0−3と完敗を喫したが、それでも残留争いに加わることなくシーズンを戦うことができている。「ハノーファー戦での敗戦後に、僕たちはしっかりと立て直せるところはみせたよ」と、オーストリア代表FWは胸をはった。

「もちろん勝ち点16で安心することなんてできないさ。これからも勝ち点を積み重ねていかないとね。ただそれができると思っているよ。自分たちの力は理解しているし、相手にとっても厄介なチームだと自負している。僕たちはとても集中して、かつ落ち着きをもって取り組めているんだ」

なお今回の相手ヴォルフスブルクは、シュミット監督就任以来ここまで8試合で無敗を継続。さらに前節では初勝利をあげ、アウグスブルクとの差は2にまで迫っており、「今回の試合でこの距離を保つ、もしくはさらに広げていきたいところだよね」と意気込みをみせている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報