ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月05日

アウグスブルク、トミーが足首の負傷でしばらく離脱へ

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アウグスブルクは年内の残り試合を、エリック・トミーを欠いて臨むことを余儀なくされた。最近2試合で先発に名を連ねていた若手MFは、靭帯結合部に損傷を抱えたためにしばらくの間離脱することが明らかとなっている。

ただし手術は受けることなく、保存療法によって回復を目指していくとのこと。「ここ2試合は先発することができていたし、このタイミングでの負傷はもちろん辛いよ。怪我をしてもいい時期なんてないとはいえね」と、トミーはクラブ公式にて語った。

「これからはリハビリをこなし、そしてできるだけ早くまたピッチに戻れるようにがんばるよ」ただし年内の復帰の可能性はなく、後半戦の初戦でも不在となる可能性もある。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報