ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月15日

アウグスブルクのバウム監督「シャルケ戦から学んでいかないと」

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先週日曜日に行われたヘルタ・ベルリン戦では、終盤で喫した失点により勝ち点2を取りこぼしたFCアウグスブルク。水曜日に行われたシャルケ戦でも、再び試合終了前にふたたび失点を喫し、今度は勝ち点1を失う結果となってしまった。

マヌエル・バウム監督は「クレバーさを身につけていくようにしないと。それ以外は悪くないんだ」とコメント。特に「気持ちの浮き沈みが激しかった」シャルケ戦では、「守備面での意欲に欠け」て後半はじめまでに2点差をおいかけることに。だが「そこからは自信を回復してビッグチャンスをつくりだせた」と振り返ったように、敵地で2点差を追いついてみせた。

「そして選手たちは貪欲に勝利を目指していったよ。だがその姿勢に問題があった。この試合から学ぶところは多い。時間帯によってクレバーに、意識的に事態の打開をはかっていけるようにすること。どのチームとも渡り合えることはこの試合の後半で示したんだ。」

なおそのシャルケ戦で足首を負傷したケヴィン・ダンソの状態については、「あまりいい感じには見えないね」とコメント。前半戦最終節での出場は疑問視されている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報