ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月16日

マヌエル・バウム監督「疲労への心配はない」

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


勝ち点23を確保して順位表では9位。欧州リーグ出場圏内まで、わずか勝ち点差2に迫っているアウグスブルク。しかしマヌエル・バウム監督は「欧州に関する議論には全く参加するつもりなどない。私が興味をもっているのは勝ち点のみだ」と強調。「いまの選手たちが見せている戦いぶりには満足しているが、勝ち点自体に関してはそこまででもない」と、言葉を続けた。

なお前半戦最終節となるフライブルク戦については、「とてもフィジカルな試合になるだろう。タフだよ。彼らはとても精力的だし、対人戦に強く、最近は勝ち点も結果としてついてきている」と評価。

またここのところはハードスケジュールが続いている上に、シャルケ戦での帰りが遅れるというハプニングもあったが、疲労に関する心配はとくに指揮官は抱いてはいないようだ。「先週にパフォーマンステストを行ない、そこでは日程がつまっていても耐えられる状態にあることを示していた。みんな最後の試合に向けて燃えていると思うね」

一方で、古巣シャルケ戦で打撲を受けたフィリップ・マックスについては、「まだ足をひきづっているところはあるのだが、しかしせんぱ出場は可能のように見ているよ」との考えを示している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報