ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月20日

アウグスブルク、独ユース代表ロマリオ・レーシュとプロ契約締結へ

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


FCアウグスブルクは、ロマリオ=シュテッフェン・レーシュと来季からプロ契約を締結することを、水曜日に発表した。契約期間は2021年まで。

マネージャーを務めるシュテファン・ロイター氏は、「若手選手をさらにクラブにつなぎとめることができて嬉しく思うよ。我々は彼がこれから数年かけてここで成長していけると確信しているし、彼も我々もそう希望している」と喜びを語っている。

2013年にSSVウルムからアウグスブルクに加入した同選手は、それからユースセンターにて育成され、今季はアウグスブルクU19にてAユース12試合に出場。6得点をマークしているところだ。

またドイツユース代表としてはこれまで、U18代表にて7試合に出場してこちらも6得点。今季はU19代表デビューをはたし、11月12日に行われたキプロス戦ではゴールも決めた。

なおレーシュはこれまでにも、いくどとなくトップチームの練習に参加しており、アウグスブルクはさらに、同選手が今冬のキャンプにも帯同することも発表している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報