ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月18日

フィンボガソンが復調

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ここまで非常に好調な戦いぶりをみせているアウグスブルク。しかしマヌエル・バウム監督は「まず目的を達成してから、新しいことを考えるものだよ」と、あくまで残留のボーダーラインである勝ち点40に集中していることを強調した。

さらに今回対戦するグラードバッハについては「トップの2人はとてもクオリティがあり、オフェンスでの流れとインテジェントさは見事なものだ」と警戒。

なおここまでブンデス3位となる11得点をマークしながらも、アキレス腱の問題により前節を欠場したアルフレッド・フィンボガソンについては、木曜日にチーム練習の全てで参加を果たしており、週末のグラードバッハ戦ではふたたびメンバー入りを果たすことができそうだ。

ただし「アキレス腱の反応をみないと。今はいいけど、リスクはおかさない」と指揮官が強調しているように、先発出場をするならばそれはサプライズだといえるだろう。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報