ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月06日

アウグスブルク、今度はダンソがしばらくの間離脱へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アウグスブルクはさらに、負傷者リストへ新たな選手の名前を加える結果となってしまった。ケヴィン・ダンソが週末の試合で負傷。これからしばらくの間離脱を余儀なくされることになるという。

「ひどくないように願っているよ」と60分ころに交代を余儀なくされた若手DFについて、試合後にマネージャーを務めるシュテファン・ロイター氏はコメント。しかしながらその後に受けた精密検査の結果、右足首の靭帯結合部に損傷が見られることが判明している。

離脱期間は今後の回復経過次第とのことで、少なくともしばらくの間は離脱を余儀なくされることとなった。アウグスブルクでは現在、右SBラファエル・フラムベルガー、CBジェフリー・ハウウェーレウ、MFマルコ・リヒター、FWアルフレッド・フィンボガソンら主力級の選手たちが揃って離脱。

さらにこの中にケヴィン・ダンソの名前も加わることとなった。オーストリア代表として5試合で出場した経験をもつティーンエイジャーは、今季はここまでリーグ戦14試合に出場。2得点をあげkicker採点平均3.57をマークしているところだ。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報