ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年05月29日

劇的Vへの1点は“他人事”だった!?…宇佐美貴史「誰か1点獲ってくれ!と(笑)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「2部とはいえタイトルなんでね。優勝の仕方も劇的でしたし、相当嬉しかった。本当に気持ちよくシーズンを終えることができました」。5月、宇佐美貴史は満足気な表情でシーズンを振り返った。プレーに変化をもたらした“意識改革”、リーグVを手繰り寄せた“まさかの一撃”……。確かな手応えと自信を胸に4年に一度の大舞台へ挑もうとしている。

心身を最高の状態に導いた“ある取り組み”「自分の中で相乗効果を作り出せた」

「最初は苦しかった」――、宇佐美は2017-18シーズンの前半戦をそう振り返った。アウクスブルクに所属していた昨年8月、出場機会を求めブンデスリーガ2部のデュッセルドルフへ期限付き移籍を決断。しかし、デビュー戦となった第5節のウニオン・ベルリン戦でいきなりゴールを決めるも、スタメンを勝ち取ることはできず、先発と途中出場を繰り返す日々が続いた。ウィンターブレイクに入り、「このままじゃアカン!」と感じた宇佐美は、ある行動に出る。

「『コンディションをもっと上げないと』ってスイッチが切り替わった。休暇での取り組みと、休暇を終えて合宿に入ってからの積み上げが大きかったですね」

ウィンターブレイクの間、栄養学の講師から食生活に関する講義を受けた。そこで得た知識を基に、食生活を改善しコンディション整備を図ると、すぐに効果は表れた。

「体が軽くなりました。食事の量は変えていないんですけど体重は2,3kgくらい落ちて。でも、体のキレとかシュートのパンチ力は落ちなかった。無駄なものがそぎ落とされたて、パフォーマンスも上がってきた。パフォーマンスが上がるとメンタル的なマインドも上がっていくので。自分の中で作りだせる相乗効果がありました」

心身ともに充実したイメージは結果に直結した。ウィンターブレイク明けすぐは途中出場が続いたが、第23節からは4試合連続ゴールをマーク。スタメンの座をつかむと、宇佐美のパフォーマンスに呼応するかのように、デュッセルドルフは勝ち点を積み重ねた。第32節には1部昇格を決め、チームはリーグ優勝へと狙いを定めた。

「イメージした通りに体もついてきたし、自分自身で勢いを作り出せました。チームも結果が出て、目標を達成できるかも!という期待感がある中で、集中力を切らさずにプレーできました。全ての要素が噛み合った中で継続して良いパフォーマンが出せました」

頂上決戦で生まれた“らしくない”ゴールは「俺かい!って思った(笑)」

良いイメージと、それが導くハイパフォーマンスはリーグ終盤まで続いた。リーグ2位のデュッセルドルフは最終節、首位ニュルンベルクとのアウェイゲームに挑んだ。両チームは勝ち点で並んでいたため、勝てばリーグ優勝が決まる頂上決戦だった。しかしこの試合、デュッセルドルフは前半のうちに2失点を喫してしまう。ビハインドを背負ったとき、宇佐美はチームメイトに得点を求めたと話す。

「1点は絶対に必要だと思ったんですよ。前半のうちに『誰か1点獲ってくれ!』と思っていましたね。『どうやって1点獲ろうか?』と。元気くん(原口元気)のチャンスがあったけど、その後はなかなか得点の匂いがする状況ではなかった」

苦しい展開が続く中、意外な形からその1点は生まれた。37分、左からのクロスに宇佐美がヘディングで合わせると、これがゴールに吸い込まれデュッセルドルフは1点を返した。宇佐美らしからぬ打点の高いヘディングでのゴールは本人も予想外だった。

「まさかでしたよね。俺かい!って(笑) あの瞬間は感じたというか、『あっ』と思った。見えたというか、ちょうど自分が入っていく先がDFの間で『ここに(ボール)来れば決めるよ!』って。そしたら来てしまったという感じで、あとは正確にコースにヘディングで流し込みました」

それでも、“まさかの1点”はチームに勢いをもたらした。デュッセルドルフは59分に同点に追いつくと、アディショナルタイムには逆転ゴールを奪い、3-2で勝利。劇的すぎる展開でリーグ優勝を獲得した。

「0-2から逆転で3-2にして、試合の内容も嬉しかったし、ファンの方たちも街を上げて喜んでいる姿を見て『優勝して良かったな』と強く思いました」

最終節の得点を含め、リーグ戦では8ゴールを記録。持ち前のドリブルとシュート力、そして、自分を変えるための取り組みも実を結び、多くのスーパーゴールを決めた。何よりも、躍動感あふれるプレーと楽しそうにプレーする姿こそが、その充実ぶりを物語っていた。

「スタートラインにやっと立った」“世界”への挑戦へあと一歩のところまで

充実のシーズンを終え、良いイメージを胸に、日本代表としての戦いに挑もうとしている。18日に発表された27名の日本代表メンバー入りを果たした。30日のキリンチャレンジカップ2018(ガーナ戦)を経て、31日に発表される2018 FIFAワールドカップ ロシアの最終メンバーに入れば、いよいよ“世界”への挑戦権を手にする。幼少期から目標としてきた夢舞台へあと一歩――、それでも、宇佐美に油断や慢心は一切ない。

「驚くほど、嬉しさや喜びは感じないですね。むしろ『ここからだ』と。スタートラインにやっと立てた感じですよね。生き残りに向けて、4枠落とされるわけだから。そこの現実はしっかり見極めていますし、自分が落とされないように合宿でどういうプレーをするかが大事になるので、より気が引き締まっていますね」

心身を最高の状態に導いた“ある取り組み”「自分の中で相乗効果を作り出せた」

「最初は苦しかった」――、宇佐美は2017-18シーズンの前半戦をそう振り返った。アウクスブルクに所属していた昨年8月、出場機会を求めブンデスリーガ2部のデュッセルドルフへ期限付き移籍を決断。しかし、デビュー戦となった第5節のウニオン・ベルリン戦でいきなりゴールを決めるも、スタメンを勝ち取ることはできず、先発と途中出場を繰り返す日々が続いた。ウィンターブレイクに入り、「このままじゃアカン!」と感じた宇佐美は、ある行動に出る。

「『コンディションをもっと上げないと』ってスイッチが切り替わった。休暇での取り組みと、休暇を終えて合宿に入ってからの積み上げが大きかったですね」

 ウィンターブレイクの間、栄養学の講師から食生活に関する講義を受けた。そこで得た知識を基に、食生活を改善しコンディション整備を図ると、すぐに効果は表れた。

「体が軽くなりました。食事の量は変えていないんですけど体重は2,3kgくらい落ちて。でも、体のキレとかシュートのパンチ力は落ちなかった。無駄なものがそぎ落とされたて、パフォーマンスも上がってきた。パフォーマンスが上がるとメンタル的なマインドも上がっていくので。自分の中で作りだせる相乗効果がありました」

 心身ともに充実したイメージは結果に直結した。ウィンターブレイク明けすぐは途中出場が続いたが、第23節からは4試合連続ゴールをマーク。スタメンの座をつかむと、宇佐美のパフォーマンスに呼応するかのように、デュッセルドルフは勝ち点を積み重ねた。第32節には1部昇格を決め、チームはリーグ優勝へと狙いを定めた。

「イメージした通りに体もついてきたし、自分自身で勢いを作り出せました。チームも結果が出て、目標を達成できるかも!という期待感がある中で、集中力を切らさずにプレーできました。全ての要素が噛み合った中で継続して良いパフォーマンが出せました」

頂上決戦で生まれた“らしくない”ゴールは「俺かい!って思った(笑)」

 良いイメージと、それが導くハイパフォーマンスはリーグ終盤まで続いた。リーグ2位のデュッセルドルフは最終節、首位ニュルンベルクとのアウェイゲームに挑んだ。両チームは勝ち点で並んでいたため、勝てばリーグ優勝が決まる頂上決戦だった。しかしこの試合、デュッセルドルフは前半のうちに2失点を喫してしまう。ビハインドを背負ったとき、宇佐美はチームメイトに得点を求めたと話す。

「1点は絶対に必要だと思ったんですよ。前半のうちに『誰か1点獲ってくれ!』と思っていましたね。『どうやって1点獲ろうか?』と。元気くん(原口元気)のチャンスがあったけど、その後はなかなか得点の匂いがする状況ではなかった」

 苦しい展開が続く中、意外な形からその1点は生まれた。37分、左からのクロスに宇佐美がヘディングで合わせると、これがゴールに吸い込まれデュッセルドルフは1点を返した。宇佐美らしからぬ打点の高いヘディングでのゴールは本人も予想外だった。

「まさかでしたよね。俺かい!って(笑) あの瞬間は感じたというか、『あっ』と思った。見えたというか、ちょうど自分が入っていく先がDFの間で『ここに(ボール)来れば決めるよ!』って。そしたら来てしまったという感じで、あとは正確にコースにヘディングで流し込みました」

 それでも、“まさかの1点”はチームに勢いをもたらした。デュッセルドルフは59分に同点に追いつくと、アディショナルタイムには逆転ゴールを奪い、3-2で勝利。劇的すぎる展開でリーグ優勝を獲得した。

「0-2から逆転で3-2にして、試合の内容も嬉しかったし、ファンの方たちも街を上げて喜んでいる姿を見て『優勝して良かったな』と強く思いました」

 最終節の得点を含め、リーグ戦では8ゴールを記録。持ち前のドリブルとシュート力、そして、自分を変えるための取り組みも実を結び、多くのスーパーゴールを決めた。何よりも、躍動感あふれるプレーと楽しそうにプレーする姿こそが、その充実ぶりを物語っていた。

「スタートラインにやっと立った」“世界”への挑戦へあと一歩のところまで

 充実のシーズンを終え、良いイメージを胸に、日本代表としての戦いに挑もうとしている。18日に発表された27名の日本代表メンバー入りを果たした。30日のキリンチャレンジカップ2018(ガーナ戦)を経て、31日に発表される2018 FIFAワールドカップ ロシアの最終メンバーに入れば、いよいよ“世界”への挑戦権を手にする。幼少期から目標としてきた夢舞台へあと一歩――、それでも、宇佐美に油断や慢心は一切ない。

「驚くほど、嬉しさや喜びは感じないですね。むしろ『ここからだ』と。スタートラインにやっと立てた感じですよね。生き残りに向けて、4枠落とされるわけだから。そこの現実はしっかり見極めていますし、自分が落とされないように合宿でどういうプレーをするかが大事になるので、より気が引き締まっていますね」

憧れだった指揮官に言われた“意外すぎる一言”

「自分の中では『あのガンバの監督…』というイメージで“雲の上の人”でした。その人と選手と監督という関係性になって、カリスマ性というか、人を見る目や監督としてのオーラがすごいなと思っていました」――、西野監督について宇佐美はそう話した。

 宇佐美は13歳のとき、ガンバ大阪のジュニアユースに入団。「ガンバでプロになりたい!」と決意した当時、トップチームで指揮を執っていたのは、現日本代表監督の西野氏だった。少年時代から尊敬して止まない人物だったが、“選手と監督の関係”になるまでに、長くはかからなかった。

 卓越したテクニックは群を抜いていた。宇佐美はジュニアユース入団後すぐに頭角を現すと、「ガンバユース史上最高傑作」と称されるまでに成長。2009年、高校2年生時にはトップチームにクラブ史上初の飛び級で昇格を果たし、西野監督の下でプロキャリアをスタートした。その後、約2年半、ガンバ大阪で共に戦った。当時を振り返った宇佐美に、西野監督から言われた印象的な言葉は?と聞いてみると、返ってきたのは意外すぎる一言だった。

「西野監督が赤いゲレンデに乗っていたんですよ。僕が『あの“赤い”ゲレンデカッコイイですね!』って西野さんに言ったら、『貴史、“赤”じゃないよ。“ボルドーレッド”だよ』って。それが今でも一番思い出すんですよ(笑) サッカーのことじゃなくて。サッカーについては、西野さんはあまり具体的に指南しないんですよね。『それぞれ考えろ』って。で、『考えた上でそれを表現してくれ』って感じで、あまり多くを語らない」

「読むな!」に込められたプロとしての心得

 心に残っている言葉はまだある。ガンバ大阪のユースチームに所属していた当時、ケガ人が出たことで宇佐美がトップチームにメンバー入りしたときのことだ。アウェイゲームを控えていたチームの遠征に、宇佐美も帯同することとなった。しかし、「当時はメンバー入りできるような立場じゃなかった」という宇佐美は、帯同を言い渡された際、遠征の準備を整えていなかったという。そのとき、西野監督からある一言が言い渡される。

「急にメンバーに入って、『僕、荷物持ってきていません』ってなった。そのとき、西野さんがとことこって寄ってきて『貴史、読むな!』って。“自分はメンバーに入らない”とか、『ネガティブな“読み”をして行動するな』ってことなんですよ。『読むなよ』って言われて『すみませんっ!』って謝って、チームからジャージを借りて、洗面用具だけコンビニで買って、遠征に行きました(笑)」

「常に行ける準備をしておけ」という言葉の裏返しだった。今となっては笑い話だが、西野監督の眼力には驚かされる。高校2年生だった宇佐美をトップチームに昇格させると、すぐさまエースに成長させたのだから。

「(トップチームに)ケガ人が結構出て、左サイドで出場したときに良い感じで結果を残せて、今度はFWにケガ人が出たんですよ。で、FWで使ってみようか?ってなって、そこでもまた結果が出せた。それでなんとか自分のポジションを守っていけました」

 結果を残せたことについて、当の宇佐美は「たまたまです(笑)」と謙遜するが、抜擢した指揮官とそれに応えた選手。西野監督と宇佐美の間には確かな信頼関係があった。

よくやった!と言われるように「1つの“駒”として機能する」

 次なる戦いの舞台は世界だ。日本代表は30日にキリンチャレンジカップ2018(ガーナ戦)に挑む。翌31日には2018 FIFAワールドカップ ロシアの最終メンバー23名を発表が発表される。4年に一度の大舞台へ熱が高まってきたが、宇佐美にはロシアに行くための“最終選考”が待ち受けている。

「ますは(ワールドカップに)出られるように頑張ります。出て、日本代表に貢献できるように、良いパフォーマンを見せられるように。その先に全員が喜べるような結果、『よくやった!』と言ってもらえるような結果を出せるチームにしたい。で、僕はそのチームの一員だ!と思えるようなワールドカップにしたいです」

 世界の強豪と渡り合い、日本代表が勝利するために。西野ジャパンで自身が担う役割や、それを体現するイメージはできている。

「チームの1つの“駒”として機能すること。守備を固める試合もあるでしょうし、チームとして機能することが大前提。その中で自分の色を出す。仕掛けること、フィニッシュの精度とか。最近はセットプレーも任されていますし。そういうところからチャンスを作る。そういうイメージはできています」




きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報