ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月29日

宇佐美貴史、“ボール回し”を語る「攻めなきゃって話はあったけど…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018 FIFAワールドカップ ロシアに初めて先発出場した宇佐美貴史が、ポーランド戦でのボール回しを語った。

 同時開催だったコロンビア対セネガル戦でコロンビアがリードしていたため、フェアプレー・ポイントでリードしていた日本は、1点を先行されていたものの、終盤にボール回しを選択。試合はそのまま終了し、グループ2位で決勝トーナメントに進出した。

 すでにベンチへ下がっていた宇佐美は、「前に行かなきゃって話はもちろん出た」と前置きしつつ、ベスト16進出のために打った一手だと理解を示している。

「セネガルの試合は気にしていましたし、無理をするかしないかって難しさはありましたけど、長谷部(誠)さんが入ったからみんな意思疎通ができたんだと思います」




きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報