ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月12日

2部ダルムシュタット、チ・ドンウォンの復帰をめざす

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


現在、オフェンス陣の強化を視野に入れている、2部ダルムシュタット。その候補の一人が、FCアウグスブルク所属のチ・ドンウォンだ。27才のFWは、今冬にもレンタルにてダルムシュタットに加入。そこで2部16試合に出場し2得点4アシストをあげており、すでにクラブと選手との間では移籍で合意済みとなっている模様。

ちょうど4年前にサンダーランドからレンタルでアウグスブルクに加入したチは、そこで17試合に出場して5得点をマーク。再び翌年の冬にもレンタルで復帰し、12試合に出場して1得点を記録した。その後にボルシア・ドルトムントを経て、2015年冬に3度目の復帰を果たすと、その後の2年半でリーグ戦67試合に出場。しかし今季はわずか3試合の終盤からの出場にとどまっていた。

スタニッチとプロ契約

その一方でアウグスブルクは水曜、19才のDFヨゾ・スタニッチとプロ契約を結んだことを発表した。U14からアウグスブルクで育成されてきたアウグスブルク出身の同選手は、ドイツとクロアチアの国籍を有しており、ユース代表としてはクロアチアでプレー。契約期間は2022年までとなっている。

スタニッチは「アウグスブルクのトップチームで、さらに成長する機会を得られて嬉しいよ。ここ数年はユースから何人も飛躍しているしね。目標は数年以内に達成することだ」と意気込みをみせた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報