ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月01日

宇佐美貴史デュッセルドルフ復帰間近、買取オプションはつかず

FC Augsburg
FCアウグスブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨季は出場機会を求めて、2部フォルトゥナ・デュッセルドルフへとレンタル移籍し、そこで8得点をマークして2部優勝へと貢献した宇佐美貴史。2部優勝時には「デュッセルドルフが大好きです!またね!」と市庁舎からファンに向かってしばしの別れを告げた宇佐美だが、その約束を果たすその時がいよいよ間近にまで迫っている。

 地元紙エクスプレスが伝えたところによれば、デュッセルドルフのロベルト・シェファー会長は「我々はタカをホームに連れ戻すよ」と断言。ただアウグスブルクとは移籍金額でなかなか折り合いがつかず、「譲歩せざるを得なかった」とコメント。買取オプションについては、見送られることになったと伝えた。

 なおガンバ大阪から2年前に移籍金150万ユーロで獲得したアウグスブルク側は、デュッセルドルフに対してその倍にあたる300万ユーロを求めているとも伝えられていた。

  宇佐美は昨季デュッセルドルフでは2部28試合に出場して、8得点3アシストをマーク。特にアウグスブルクで過ごした1年間ではバックアップ以上の役割を得られず、今季もさほど大きな状況の変化が見込めないであろう古巣への復帰よりも、主力として活躍をみせたデュッセルドルフでのブンデス1部での戦いを希望することは理解できることだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報