ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年12月02日

意欲を見せるスクリプニク監督

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブレーメン|ハンブルクとの北部ダービーに敗れたヴェルダー・ブレーメン。今節は前節のドルトムント戦敗戦により、最下位に転じたシュトゥットガルトが相手だ。



ヴェルダー・ブレーメン
Viktor Skripnik監督:スクリプ二ク
我々は困難な状況にある。しかし私は逃げも隠れもしない。むしろ批判的な質問に対して答えていきたいと思う。
上層部からもチーム全体からも支持されていると感じるよ。もちろんそれはいいことだ。昨年はサプライズを成し遂げたし、それをこの時期で見せられないという理由もない。
これから3試合は、リスペクトはしているが、しかし勝利を収められる相手だと思う。
システムに関しては、監督がロッカールームで、こうするぞと言って行かせるだけじゃないんだよ。継続的に話し合いを行い、そしてどのシステムにするのがベストなのか判断するものなんだ。
ハンブルクとの北部ダービーでは、怖がらずにプレーしてもらいたかったし、ヴォルフスブルク戦での大敗からのリハビリを行いたかった。意欲的なプレーが見たかったのだが、しかし残念ながら早々に点を取られては、安定感が持てなくなってしまうというものだよ。
シュトゥットガルト戦では確実に、別の戦術をとることになるだろう。
彼らはオフェンスではほぼ万全だが、しかしディフェンスでは問題をかかえている。この試合は戦術が分かれ目になるのではなく、試合に臨む姿勢が分かれ目になると思う。システムやそういいったことではなくね。
今冬の補強に関しては、私が最後まで待ったをかける人間となるだろう。ただそれは普通のことだがね。いまの選手達との仕事を楽しんでいる、目標を達成できると思っているよ。
木曜には非公開で練習を行うが、集中して取り組んでもらいたいし、セットプレーについても覚えていってもらいたい。
Bremens Trainer Viktor Skripnik

kicker.de
ブレーメン関連記事