Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月07日

ブレーメンに米国代表がテスト生として参加

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

morris800-1452076348


今度の日曜からブレーメンでは、ジョーダン・モリスがテスト生として参加する。21歳の米国人選手はシアトル・サンダースで育成。すでに米国A代表も経験積みだ。


その米国代表でU21代表を務めるのは、かつてブレーメンに在籍したアンドレアス・ヘルツォーク氏。同氏によればモリスは「スピードとダイナミズムを兼ね備え、勢いがある」、医師の両親を持った大卒の「インテリジェントな」タイプとのこと。さらにブレーメンにとっては、移籍金は発生せずに「期待値のある、ブレーメンにあった若手を獲得できる」と説明。


なお米国代表では、今夏に加入したヨハンソンともプレーしたことがあるというモリス。夏にはリオ五輪を控えるヘルツォーク氏は今後について「A代表とU21を兼任させる」考えも明かした。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker