Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月12日

ブレーメンがペツォス獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

petsos8-1452520855


ブレーメンは来季に向けての補強を行った。ギリシャ代表として2試合の出場経験を持つタノス・ペツォス(24)を獲得。ブンデスでの経験ももつ24歳のボランチの獲得には、ラピド・ウィーンとの契約が今季までのため移籍金は発生せず、2019年までの契約を締結。2011年からレバークーゼンにて育成された同選手は、カイザースラウテルンやフュルトにてプレー。ブンデス54試合に出場したのち、2013年にウィーンへと渡っていた。




マネージャー:アイヒン

… 移籍金なしで来季より獲得

様々な点で、今回の移籍はマッチしているんだ。彼はラピド・ウィーンで主力選手としてプレーしている。そもそも彼の能力に確信がなければ、動くことなんてないよ。


まさにこういうタイプの選手が必要だったのさ。経験があり、責任を持ってくれるプロがね。我々の助けとなってくれるよ。彼はキープ力があり、中盤ならどこでもプレーすることができる。ビルドアップのためにポゼッションも可能だよ。


... ラピド・ウィーンがELに出場していることもある

いくつかのポイントがあって、今度の夏に獲得することになったんだよ。今後の補強に向け、何かをしなくはならないというプレッシャーはない。そういうミスを過去に経験しているではないか。我々は時間をかけて、仕事をしてきているよ。




ピサーロとバルグフレーデは水曜から


pizza800-1452527603


先日行われたシバススポルとのテストマッチで負傷を抱えたフィリップ・バルグフレーデとクラウディオ・ピサーロが、月曜の練習参加を見合わせた。


以前に痛めたアキレス腱と同じ場所に問題を抱えたフィリップ・バルグフレーデ、膝に打撲を受けたクラウディオ・ピサーロも、ともに復帰時期は特に明かされていない。


その一方でウジャー(膝)、グリリッチュ(足首)、そしてバルテルス(背中)の負傷組は復帰を果たした。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker