ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月16日

先発の座を失ったバルテルス

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

werder8-1452759111


今冬の準備期間で、先発の座を失った選手がいる。「そんな感じだね」そう語るのは、フィン・バルテルスだ。


前半戦では17試合中16試合で出場。そのうち12試合で先発を務めたMFは、2得点1アシストをマーク。


しかしkicker採点平均では4.04と低調な結果となっており、プレーするポジションはFW、トップ下、ウィングと、必要に応じて起用される形となっていた。


果たしてこのポリヴァレントさがデメリットとなっているのだろうか。


しかしまもなく29歳になるベテランは「不在のところでプレーができる。それはメリットだよ」とコメント。ただし、定位置を確保することへの希望も抱いているところだ。


なおチームの前半戦の戦いについては「もっと期待していたんだけどね。でも些細なところから、悪い結果へと繋がってしまった」との考えを述べ、「でも僕たちは立ち上がらないと。くよくよしている場合ではないんだ」と語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報