ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月30日

ブレーメン、穴埋めを完了

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

yata8-1453992461

ブレーメンの穴埋め作業は無事終了した。ルキミアの中国移籍に伴いジロボジを、ヴォルフの負傷離脱によりトレメルを、そしてバルグフレーデの長期離脱を受けて、マネージャーのアイヒン氏はサンブ・ヤタボレを獲得した。

アイヒン氏は「獲得を切望していた。彼を納得させられて嬉しいよ。中盤のクオリティが向上した」と喜びを見せている。

ラツィオのオナジへの関心も伝えられたが金銭面で折り合いがつかず、ブレーメンはマリ代表を移籍金250万ユーロ、2019年までの契約で獲得することとなった。

その一方で、MFフェリックス・クロースが出場機会を求め、今季いっぱいまで2部ウニオン・ベルリンにレンタル移籍。

ただしブレーメンはすでに、MFクラインヘスラーを獲得している。

なお前節で半月板を損傷したフィリップ・バルグフレーデはアウグスブルクにて手術を受けており、今季中の復帰はすでに絶望しされているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報