ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月08日

グワラに賛辞

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaa-1454844068


先週金曜に行われた試合では、1−5とグラードバッハに完敗を喫したヴェルダー・ブレーメン。しかしその中で初先発となったクラインハイスラーとともに、スクリプニク監督から賛辞が贈られた若手がいる。この日ブンデスデビュー戦を先発で飾ったレオン・グワラだ。


U23で今季20試合に出場している19歳は、チーム内で離脱者が相次いだことにより右SBとして先発出場。試合後スクリプニク監督は、「チーム内でベストの選手の一人だった。今回みせたパフォーマンスには祝福の言葉をおくりたい」と語った。


たしかにポジションミスもあったが、マネージャーのアイヒン氏は「あれは代表チームでのありえることだよ。全体的に見て、タスクをとてもうまくこなしていた」と評価。


ただしポカール8強レバークーゼン戦では、この試合で出場停止にあったサンチアゴ・ガルシアが復帰。グワラは再びベンチスタートということになるだろう。


また足を打撲したグレゴリッチュとともに、大腿筋に問題を抱えたアンソニー・ウジャーも、日曜の練習に参加した