Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月22日

アイヒン氏「得点しなくては何にもならない」

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20 02 2016 Fussball Saison 2015 2016 1 Fussball Bundesliga 22 Spieltag FC Ingolstadt FC

昇格組インゴルシュタットとの直接対決に敗れ、入れ替え戦となる16位から抜け出せなかったヴェルダー・ブレーメン。相手CBヒュブナーに12分で早々に先制点を許す展開となったが、マネージャーのアイヒン氏は特に「うちが上回り、プレッシャーをかけていた」後半で、「チームが持つクオリティを活かせずに、得点ができなかった」ことを悔やんでいる。


「それができなければ、勝ち点3なんて得られないよ」


さらにプレッシャーのかかる中、次は再び昇格組のダルムシュタットとの一戦が控えているが、GKフェリックス・ヴィートヴァルトは「僕たちは下から3番目に位置していて、残留争いの真っ只中にある。とにかくここから抜け出すには、勝ち点を得ないと」と危機感を募らせ、一方でスクリプニク監督は「かなり思うところがあって臨んだ試合だっただけに、誰もがフラストレーションを感じている。しかしまだ時間は残されている。」と前を向いた。


なおこの試合では、ルーカス・フレーデがブンデス初先発。「全力を尽くしたよ」と試合後に語った同選手は「落ち着きのない試合だったね。空中戦がとにかく多かったよ」と振り返り、自身については時間が経つごとに「確信が増していったね」との感想を述べている。果たして次節も先発のチャンスは巡ってくるだろうか?


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker