ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月27日

アイヒン氏「監督には全幅の信頼を置いている」

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Trainer Viktor Skripnik SV Werder Bremen während der Pressekonferenz vor dem Bundesliga Spiel gege

「それで何が起こるというんだね?」退任へ追い込まれることへのプレッシャーについて問われたヴィクトール・スクリプニク監督はそう答えた。


「それは監督にはつきものだよ。私に限らずね。私としてはこれからも、精力的に、プロフェッショナルに、そして実直に職務を全うしていきたい」


今回は前節に引き続き、昇格組ダルムシュタットとの対戦だが、入れ替え戦となる16位につける現状もあり「鍵となる試合だ」と指揮官。「必勝体制で臨む。それだけだよ」


またマネージャーのアイヒン氏も「それから方向性が見えて来ることだろう」との見方を示し、「スクリプニク監督には全幅の信頼が置かれている」ことも強調。


「監督に関する議論はない。そもそも私はシャーフ監督の時も、ドゥット監督の時にもそういう質問に答えていないよ」


また選手の側としても、ヤニック・ヴェステルゴーアは「僕たちは監督のために戦うのではなく、クラブのために戦うんだ。ブレーメンを降格させないこと。それが何よりも重要なことだよ」との考えを述べている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報