ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月01日

ピサーロ「悪く考えれば、悪くいくもの」

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

piza800-1456747094-1

昇格組ダルムシュタットから勝ち星を得られず、なかなか残留争いから抜け出せずにいるブレーメン。スクリプニク監督に対する重圧はさらに増していることだろう。


だがマネージャーのアイヒン氏は「スクリプニク監督だけじゃない。クラブ全体へのプレッシャーが増している」ことを強調。


さらにクラウディオ・ピサーロも「僕たちは監督を支持しているし、おちついてこれから取り組めるように頑張っているよ。」と語った。


ダルムシュタット戦では、終了間際に同点弾を決めるなど、スクリプニク監督から「彼がこういう状態にいてくれるのが嬉しいね」と評されているベテランFW。


残留争いへの不安については、「不安?そんなものはないね。状況は難しいけど、でもタフに取り組み続けて、ポジティブな気持ちを保つことだ。僕は前向きな関角でね。悪く考えていたら、物事は悪くいってしまうものだよ」と述べ、「難しい状況であれば、みんなで話し合っていくことさ。それはまったく普通のことだよ。メンタルはいつだって重要なことさ」との考えを示した。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報