ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月07日

ユヌゾヴィッチとフリッツについて、DFBが調査開始

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

teaser800-1457352453

最近ではダルムシュタットの主力5選手が、バイエルン戦で累積警告により出場停止になり、その後の残留争いへと臨んでいることた話題となったが、来週対戦するブレーメンも、クレメンス・フリッツとズラトコ・ユヌゾヴィッチの2選手が、同様の形で欠場することとなった。


フリッツは意図的なファウルにより、そしてユヌゾヴィッチはフリーキックでの遅延行為により、それぞれ今季5枚目のイエローカードを受けている。


試合後ユヌゾヴィッチは「もちろん避けられるファウルだったさ。でもこれから順位を争いような試合も控えているし。それに誰かが怪我するようなファウルをするよりいいんじゃないか?」とコメント。


しかし一方のスクリプニク監督は「コーチ陣はそんなことは知らなかった」と語り、「そんなことは馬鹿げている。指示などしていない」と怒りを露にしている。


なおDFBは日曜に、両選手に対してスポーツマンシップに反する行為だったかどうかについて調査を開始。特にあのような発言を行ったユヌゾヴィッチについては、何かしらの判断が下される可能性があるだろう。