ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月10日

期待の若手エッゲシュタインの残留に自信

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

egge8-1457539775

「数多くのオファーがきているよ」ヨハネス・エッゲシュタインの代理人を務める、グンター・ノイハウス氏はそう明かした。ブレーメンが誇る若き才能には、リヴァプールやレバークーゼン、ドルトムント、シャルケ、ヴォルフスブルク、さらにはバイエルンなどの名前が浮上しており、17歳のMFの引き留めは困難だろうか?


マネージャーのアイヒン氏は「ヨハネスが残留するよう全力を尽くすし、いいチャンスがあるとも見ている」との見方を示している。おそらく同選手の父で、かつてハヴェルセでプレーした経験を持つカール・エッゲシュタインは、英国よりもドイツで育成したいと考えているとみられ、おそらくAユース18試合で23得点をマークしているブレーメンを選択する可能性はあるだろう。


ドイツU17代表のクリスチャン・ヴュック氏は、エッゲシュタインについて「ヨハネスは非常に大きなポテンシャルをもっている。ゴール前では沈着冷静にしっかりと決められるんだ。スピードを活かして深い位置に入れるし、いいテクニックでうまくつないだり、自らシュートを放つこともできるよ。」と評した。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報