ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月18日

来季に向けたアイヒン氏の課題

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

eichin8-1458297390

これから迎える延長交渉について「正しいタイミングで物事に取り掛かっていくよ。比較的多くの時間が残されている選手もあれば、逆にそこまでない選手もいるんだ」と語ったマネージャーのアイヒン氏。


今季まで契約を残すクラウディオ・ピサーロのほか、2017年まで契約を残す選手の中には、怪我で離脱中のMFフィリップ・バルグフレーデ、SBサンチアゴ・ガルシア、CBアレハンドロ・ガルベスらが含まれており、さらに先日はフィン・バルテルスとの延長についても同氏は示唆している。


また契約が今季までとなっていた若手フロリアン・グリリッチュは、一定数の出場試合数をクリアしたことにより1年間自動延長がなされているが、ブレーメンはさらに、同選手と長期延長を結びたいと考えているところだ。


なおレンタルで加入しているMFレヴィン・エツトナリについては、すでにアイヒン氏が4月にも、レバークーゼンと交渉に入ることを明かしているが、後半戦でCBとして活躍するジロボジのレンタル期間も今季いっぱいまで。チェルシーとの契約は2019年までとなっている。


ヤタバレが欠場へ


前節で筋肉に問題を抱えていたサンブ・ヤタバレが、今節の試合を欠場することとなった。


今冬にスタンダール・リェージュから加入したMFだが、古巣での出場停止の影響もあってここまでは3試合に出場。すでに1アシストをマークしている。代役候補としてはオールラウンダーのフィン・バルテルスや、若手のレヴィン・エツトナリを挙げることができるだろう。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報