ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月29日

U23で復帰を果たした期待の若手イルディリム

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GER FSP Werder Bremen II vs FC Groningen 24 03 2016 BSA Schevemoor Bremen GER FSP Werder Brem

先日行われたブレーメンU23vsFCグロニンゲンとのテストマッチでは、ここ数年怪我に泣かされ続けてきたエズカン・イルディリムの姿があった。


22歳の攻撃的プレイヤーは、2003年からブレーメンにて育成された自前の選手であり、2012/13シーズンの後半戦初戦ドルトムント戦でブンデスデビュー。これまでブンデス1部21試合に出場している。だがここのところは負傷に泣かされ昨季はわずか1試合の出場、今季もいまだトップチームでの出場がお預けとなったままだ。


なお契約は今シーズンいっぱいまでとなっているものの、その才能を高く評価するブレーメンは、同選手と延長を結びたいと考えている。


だが今年の3月初めにチーム練習復帰を果たした若武者は、今回のテストマッチでそのテクニックを見せつけ先制ゴールをマーク。45分間のプレーの後、イルディリムは「またピッチに立てたことに、嬉しさを感謝の気持ちを覚えている。これから数週間、こういう状態が続いていくと良いね」と喜びを見せた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報