ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月06日

主将のフリッツが大腿筋を負傷

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

fri-1459873258

残留争いを強いられているヴェルダー・ブレーメン。週末にはアウグスブルクとの直接対決がひかえているところだが、火曜日の練習で主将のクレメンス・フリッツが負傷。出場が危ぶまれる事態へと陥った。


同選手は大腿筋に打撲を抱え、中断を余儀なくされており、午後の練習では姿を見せていない。


スクリプニク監督は「いまは日々クレメンスの状態を見ていくことになる。出場が可能となるかどうかね」とコメント。


今季限りでの引退を表明している同選手は。今季は23試合に出場して、1得点、kicker採点平均3.5をマークしている。